療養型病棟での看護師の仕事内容

看護師専門の求人サイト ナースの仕事town九州版

2018年5月17日‐新着
トップページへはじめての看護師さんへ サービス案内看護師求人検索ナース転職活動ガイドナース仕事まるわかり図鑑
療養型病棟の看護師の仕事内容

療養型病棟の特徴

療養病床には、医療保険が適用になる「医療療養病床」と介護保険が適用になる「介護療養病床」があります。
ゆっくりしていて少し楽そうというイメージがあるかもしれませんが決してそうとは言いきれません。

実際の業務としては、患者さんの食事や排泄の介助、入浴介助、人工呼吸器の管理など幅広い仕事内容のためみなさんが想像されるよりやる事はずっと多いようです。

他にも褥瘡のケアやルートの確保など医療行為を行うことも多く看護師としての知識や経験も必要とされ、さらにスキルアップをしたいという方にも向いています。

また高齢の寝たきりの患者さんも多く、じっくりと関われると思っていても実際はコミュニケーションを取ることが難しい場合もあります。長い期間関わるからこそ難しい信頼関係の構築も重要となります。

療養型病棟で働くメリット

患者さんじっくり関わることができる

残業は少なめで、自分の時間はとりやすい

幅広い業務の経験ができる

急性期に比べると患者さんとじっくり関わることができ、入院患者さんの日々の変化もそれほど大きくないので病棟内もバタバタしている感じはありません。
寝たきりの患者さんも多くいますが日々、看護をしていく中で小さな変化を見つけることでやりがいや喜びを感じるという声も多く聞かれます。
急性期とはまた違った忙しさがありますが、残業などは少なめなのでプライベートとの両立がしやすいようです。

療養型病棟で働くデメリット"

仕事に物足りなさを感じる方も

体力を使うことが多く腰痛になる人も

療養病床としての役割上、急性期と比較すれば日々の業務に物足りなさを感じる方やギャップを感じてしまう方もいるようです。
急性期でバリバリ働くのが好きという方には合わないかもしれませんが、療養型にもたくさんやりがいを感じる場面があります。

また寝たきりや意識のない患者さんも多く看護に対して反応が少ない場合もあるので「じっくり関わっていきたい」という期待を持って入職されると理想通りとはいかない場面あります。

こんな看護師におすすめ

お年寄りとコニュニケーションを取るのが好き

老人看護の勉強したい

小さな変化を感じ取る観察力がある

ゆっくりとした時間の中で働きたい

プライベートも充実させたい

療養型病棟へ転職する際の求人を見るポイント

病院や病棟により看護師の配置人数や、介護スタッフの人数、夜勤体制が異なりますので事前に確認しておきましょう。またどんな患者さんが多いか分かれば業務の内容もイメージがしやすくなると思います。
医療療養病床なのか、介護療養病床なのかについてもしっかり把握しておきましょう。

療養型の病棟は患者さんとじっくりと向き合いながら看護をできるのが大きな魅力のひとつですが、その分関係も深まりますので亡くなった場合に大きく精神的ダメージを受ける方もいらっしゃいます。

ただ「業務の負担が小さそう」「残業がなさそう」といった理由だけではなく、療養型の看護を理解した上で自分に合っていると考えて入職すれば、ギャップを感じる事なくやりがいを感じながら働けると思います。

 


看護師転職サポートに相談する