オペ室での看護師の仕事内容

看護師専門の求人サイト ナースの仕事town九州版

2018年12月11日‐新着
トップページへはじめての看護師さんへ サービス案内看護師求人検索ナース転職活動ガイドナース仕事まるわかり図鑑
オペ室の看護師の仕事内容

オペ室での仕事内容の特徴

オペ室の仕事の中心は手術の介助で、直接、執刀医に手術器械を渡す「直接介助」と患者さんの容態や医師の動きに合わせ投薬や手術環境を整える「間接介助」とがあります。手術の介助の目的は、医療チームの一員として手術を円滑に行うことで患者さんよりもドクターと関わる時間が長いのでドクターとのコミュニーケションも大切です。

オペ室で勤務する看護師の一日のスケジュールをご紹介します。

手術予定の確認

まずその日の手術予定の確認から始まります。患者さんの疾患、術式、感染症の有無、合併症の有無など事前に分かっている情報から考えられるリスクを再度確認することで手術をスムーズに行うためだけでなく事故防止のためにも非常に重要です。

中央材料室での業務

朝から手術を行う場合はすぐに介助につきますが、曜日が決まっていたり午後から行う病院もあります。その場合は中央材料室で医療器具やガーゼなどの滅菌消毒と医療物品の補充を行います。

看護計画の立案

後日手術予定の患者さんの情報収集を行い、患者さんの不安の軽減と看護計画を立てます。

手術準備

手術の少し前に、直接手術に使用する医療器具と手術室内の環境を整える必要物品を準備します。

手術介助

オペ室看護師の最も特徴的な仕事です。医師に手術器械を手渡す直接介助と、患者さんの状態の観察や麻酔の管理、室内の環境を整える間接介助があります。

手術記録と申し送り

記録は間接介助の看護師が手術中に書きます。手術後は病棟もしくはICUの看護師に手術中の経過を申し送ります。

後片付け

オペ室の場合は少し特別です。手術が終わりそうになると看護師は手術の介助と同時進行で使用物品の後片付けを始めます。最初に準備したものが全てその場に揃っているかを確認する為で、患者さんの体内に針やガーゼが一枚たりとも置き忘れることがないための非常に重要な確認作業です。

オンコール待機

緊急手術が必要になった場合に備えて、看護師が帰宅後でもすぐに病院に出勤し手術室業務につけるよう当番を決めておきます。

オペ室で働くメリット

看護師の中でも特に専門性を究められる

より深い知識を元に看護ができる

看護師としての素質を高めることができる

生活のリズムが整いやすい

単科の病院を除き手術室の看護師は全ての科目を担当するため幅広い手術の知識を身につけることができます。
また患者の術中状態を詳しく知ることが出来るので、術中の状態や処置の仕方を学ぶことでより深く患者さんの事を考えた看護ができます。

病棟看護師として更に良い看護を目指すために手術室を経験しておく看護師も多いようです。
また術中に求められる素早い判断力や冷静な分析力は看護師としての素質に大きく関わってくるもので看護全般に役立つスキルを積むことにも繋がります。

他には「緊急手術」が発生しない整形外科・肛門科・癌科など単科の病院では夜勤やオンコールがないところもあり生活のリズムが整いやすい場合もあります。

オペ室で働くデメリット"

一般的な技術が身に付きにくい

患者さんと接する機会が少ない

体力的にも精神的にもハード

手術室は特殊な業務なので採血や注射、保清など一般的な技術が身に付かない点では大きなデメリットと言えるでしょう。病棟などに移動する際は努力が必要です。
手術が長時間に渡ったり、患者さんの命がかかる緊迫した手術では肉体的にも精神的にも強くなければ務まりません。
また患者さんと接する機会が少ないので患者さんとコミュニケーションを取るのが好きな看護師には少し寂しいようです。

オペ室はこんな看護師におすすめ

体育会系の方

男性の看護師さん

勉強熱心な方

打たれ強い方

手術室の仕事は専門性が高いものの、病棟で働く看護師とは大きく業務内容が異なってくるため、ギャップを感じてしまい「他の部署で働くことができなくなるのでは」と焦りを感じて異動や転職を考える方もいるようです。実際には、手術室での経験は病棟でも活かすことができますし、むしろ病棟で働く看護師からの評価が高いケースがほとんどです。逆に手術室が特殊な業務なので病棟で業経験を積み自信がついたら、手術室に移動するという方もいるようです。

オペ室へ転職する際の求人を見るポイント

手術室で働きはじめた看護師さんの悩みの中でも特に多いのがドクターやプリセプターから怒鳴られることが多く落ち込んでしまう事です。ただでさえ手術室は緊張感あり精神的なストレスやプレッシャーの中でスピード感の仕事についていけずに挫折してしまう看護師さんも多いようです。どんな看護師になりたいか目標に合わせてOPE件数や手術を行っている科目で病院を選ぶと良いかもしれません。

他には当直の有無や手術は平日の日勤帯だけなのか、当直の場合は待機時の業務も聞いてみましょう。
例えば救急外来で働く場合もあります。
オンコール待機の場合は、月に何回くらい当番がまわってくるのか、どのくらいの頻度で呼ばれるかも確認しておきたいところです。
スキルアップしたいのであれば年間の手術件数が多い病院のほうが良いですね。

 


看護師転職サポートに相談する